06/08/01更新

先月より続く吉池透氏(仮名)のスーパーアシスタント・M美の退職問題……。自分の成績を左右する部下のため、引き留め工作に奔走する吉池氏の秘策が炸裂。また、以前転職した直後にIPOが行われ、億万長者になり損ねた吉池氏が当時のIPO長者たちと再会。成り金男どもが現在どのようになっているのか。外資系企業のコワさがわかる!

外資系IT企業 事業開発部門 シニアマネジャー
吉池透氏(仮名・36歳)

早稲田大学法学部出身。大手電機メーカーで海外営業部門など5年間勤務後、外資系広告代理店のマーケティング部門で4年、国内ベンチャーのIT部門マネジャーなどを経て、今年世界有数のIT企業へと転職。事業開発部門のシニアマネジャーとなり、年収も20%アップした。日々、社内公用語である英語力アップに励む

2006年7月×日

アシスタントからライバルへキャリアアップ!?

会社でのボクの活躍(?)を支えてくれているM美の退社話の件。彼女から「辞めたいんです」と告白されてから、一緒に飲みに行きました。そりゃ、引き留め工作ですよ。だって、彼女が辞めたら、ボクのシゴトがスムーズに回らなくなっちゃうのは分かりきってるもん。そうなると今のポジションも危うくなるってわけ。

で、結論から言うと、何とかいい方向に話が進みそうだよ。いろいろご心配かけました。とりあえずM美の退職はあと3カ月間おあずけになりました。ホンネでいえば、彼女はアシスタント稼業にも飽き飽きしていたみたいなんだ。アシスタントって、いわば上司や同僚、そしてクライアントの“お守り”だからね。

ボクみたいにモノ覚えが悪くなり、ダラシなさが極まりつつあるような上司を持ったら、そりゃもうタイヘン。すでに“退行現象”が現れ始めているわけだから、日々お守りしてもらっちゃってM美にはアタマが上がりませ~ん。

会社としては、「3カ月の間に自分がやってみたいシゴトがあれば提案していいよ?」ということで決着が着き、M美もシゴトへのモチベーションが上がったみたい。だって、「吉池さん、これからはライバルとして、一緒に事業を盛り立てていきましょうね!(笑)」というんだから……オンナ心はわかりません。

ちなみに、M美が同じ土俵に上がってきたら、僕、余裕で負けます。プロジェクトって考えたとき、奴の気回しの良さは真似できんよ。

Yahoo!ブックマークに登録 この記事をdel.icio.usに追加

1 2 3 4 5

キーワードから記事を探す

キャリアを、スキルを、年収をアップさせたい!「キャリアアップ」「スキルアップ」「ライフアップ」をキーワードに、3年後のキャリアから10年後の生活設計までサポート! どこから読んでも夢の入り口、憧れのキャリアをつかめ!