07/06/29更新

ドラスティックに“fire”と“hire”が繰り返される外資系企業において、この時期はボーナスをもらってからの“自己都合退職者”も増えてくる時期だ。外資系企業に限らず、ボーナス転職狙いで企業も求職者も活動が活発になる中、吉池氏の両隣の部署では、2つの部署が消滅!? というくらいに退職届が乱舞! 果たして、この問題をどうクリアしていくのだろうか……

外資系IT企業 事業開発部門 シニアマネジャー
吉池透氏(仮名・36歳)

早稲田大学法学部出身。大手電機メーカーで海外営業部門など5年間勤務後、外資系広告代理店のマーケティング部門で4年、国内ベンチャーのIT部門マネジャーなどを経て、今年世界有数のIT企業へと転職。事業開発部門のシニアマネジャーとなり、年収も20%アップした。日々、社内公用語である英語力アップに励む

2007年6月×日

全員目標達成ボーナスってないのかな……

みなさん、夏のボーナスはもうもらいましたか? アチコチのシンクタンクとかの統計資料に目を通してみると、何でも今夏のボーナスは昨夏よりも上向くみたいですね。僕の会社は来週が支給日なんで、今から楽しみです。なにせ、この半年間いろんなことがあったけど、がんばったからね。特に部下の育成って面では、かなりの時間を割き、チーム全体のポテンシャルを上げることができました。

加えて、僕の部門自体も当初の目標値を達成しました。後進の育成と同時に“目の前の数字”も達成する。これってマネジメントクラスにとって、最高にエキサイティングなやりがいの1つだよね。僕だけじゃなく、他のスタッフにも“高評価ポイント”をつけたから、みんなウレシイ夏を迎えてくれたらいいんだけどね。

この際、具体的に話しちゃおうか。評価ポイントはカンタンにいえば、「A・B・C・D・E」の5段階。「C」が標準で、「A」をとると、基本的に職級が1つアップする仕組み。時々「A」のさらに上を行く「AA」を取る人もいるみたい。

だけど、「AA」なんてとっちゃうと、その次の半期の目標が尋常じゃない数字になってしまうので、あえてマネジャーと相談して「A」評価で据え置くケースもあるってさ。

ボクのチームメンバーの評価をいうと、「D」以下の人は皆無。「C」評価だって、立派に目標を達成したってことだから、一応僕のチームは“全員目標達成”っていう快挙となりましたぁ。僕のマネジメントスキルも大したもんでしょ?

Yahoo!ブックマークに登録 この記事をdel.icio.usに追加

1 2 3 4 5

キーワードから記事を探す

キャリアを、スキルを、年収をアップさせたい!「キャリアアップ」「スキルアップ」「ライフアップ」をキーワードに、3年後のキャリアから10年後の生活設計までサポート! どこから読んでも夢の入り口、憧れのキャリアをつかめ!