05/09/20更新

「転職」に至るまでの間には、情報収集、書類作成、面接、退職手続きなど、さまざまなハードルがある。中でも面接は対面の場でどれだけ自分を売り込むかが勝負。新卒の就職面接とは違い、やる気を見せるだけでは通らない。自分をどれだけPRできるかが重要となる。「人前に出るとアガってしまう」という人も、「技」と「ポイント」を抑えれば、突破率はグンと上がるのだ

好印象度をアップさせる面接マナーのキモ

受付時

心は熱く気持ちはクールに、第一歩を踏み出せ

  • 会社に入る前に身だしなみをチェック
  • まずは自分の名と用件を伝える
    ex.「本日○時より面接予定の○○と申します。採用ご担当者の××様はいらっしゃいますか」

TOPへ戻る


入退室時

ここからが面接本番! スキは見せてもボロ出すな

  • 担当者が現れたらまず挨拶。座っていた場合、立ち上がること
    ex.「こんにちは、○○○○と申します。本日はお時間をいただきありがとうございます」
  • 出入り口などまで見送ってくれることもある。別れ際は向かい合っての挨拶を忘れずに
    ex.「ご連絡お待ちしております。本日はありがとうございました。失礼いたします」

TOPへ戻る


連絡時

日程変更や遅刻連絡は“なる早”でするのが鉄則

  • この段階での連絡は、メールよりも電話の方がスムースかつレスポンスも早いことが多い。
  • 電話を切る際は一呼吸おいてから切ろう。

TOPへ戻る


通常

自分を飾りすぎないことで精神的なゆとりを持つ

  • 視線は相手の首元辺りを見るようにすると自然
  • 緊張しているようなら、普段よりもゆっくり話すことを心がけよう
  • 手の位置はひざ上でかしこまるより、机上でリラックス。肘をつかないように注意

TOPへ戻る


PR

理想論を熱く語るより経験から何をしたいかアピール

  • 話しながら、相手の目を見るようにしよう。
    印象を与えるには身振り手振りも重要
  • 失敗から何を学んだかというエピソードはウケがいい
  • 話しを飾りたてると、ボロが出やすくなるので注意

TOPへ戻る


質問

質問は絶好のPRポイント。働くことを想定した質問を

  • あらかじめ、2~3問の質問を用意しておこう
  • 実際の仕事シーンを想定した質問をすると「やる気」を感じさせることができ、好感触
  • 給与や福利厚生などに関する質問は、最終面接くらいの段階で

TOPへ戻る


Yahoo!ブックマークに登録 この記事をdel.icio.usに追加

1 2

キーワードから記事を探す

キャリアを、スキルを、年収をアップさせたい!「キャリアアップ」「スキルアップ」「ライフアップ」をキーワードに、3年後のキャリアから10年後の生活設計までサポート! どこから読んでも夢の入り口、憧れのキャリアをつかめ!