06/01/24更新

前回の記事アップ時点で6億円を突破していた「えす」氏の保有株の時価総額が、なんと8億円を突破した。1カ月足らずのうちに資産が億単位で増えていくという、まるでウソかマンガのような話。しかし、これはまぎれもない真実だ。一介のサラリーマンにして8億円もの資産を手に入れた男の仕事、金銭、生活感に迫る

えす

東京都出身、30代前半の普通のサラリーマン。転職経験1回。1996年、元本90万円から株式投資を始める。2003年3月、投資額800万円が160万円台まで落ち込み、本腰を入れる。2004年5月末に残高1億円を突破。2005年9月に2億円、11月に5億円を突破。もっぱら売買はケータイで行い、業務中の売買はほとんどない。著書に『サラリーマンが株で1億円を稼ぐ!!』(マガジンハウス)がある。ホームページ:http://esu.jp/

大きくおカネを突っ込むのは2、3銘柄

イラスト1
大きくおカネを突っ込むのは2、3銘柄

数ある企業からダイヤの原石を探す。このためにさまざまなデータを分析し、シナリオを練るのだ

割安な株は必ず適正価格に戻るし、逆に割高なところまで買われているものは下がる。今の資産は、割安なものをきちんと選んで投資してきた結果に過ぎません。この銘柄はイケると思ったら3年でも5年でも持って待つ。

その1つが2003年5月の「みずほ」株だったわけです。既に2005年夏に60万円くらいで全部売ってしまいましたけど、それでも2年くらいは保有していたわけです。まだ上がる可能性はあるんでしょうけど、他の魅力的な株に比べると、パフォーマンスはそんなに高くないと思ったので。

昨年大きなパフォーマンスを上げた「サイボウズ」株なんて、最初に買ったのは5年前ですよ。それが今年ようやく花開いた。割安なものは絶対にいつか買われるという信念をもって投資しています。

ただ、割安な株で将来伸びる自信がある銘柄というのはそんなにたくさんあるわけじゃない。だから、大きくお金を突っ込むのはせいぜい2~3銘柄ですね。分散投資というよりは、少ない銘柄に集中して投資する方法です。普通、分散投資と言うと、10~20銘柄以上ですが、でもそれじゃ、飛びぬけて良いパフォーマンスは出なくて、だいたい平均とイコールになっちゃう。本当にいいという銘柄に絞って投資した方がはるかに効率的だと思っています。

といっても、さすがに1つの銘柄に全部お金を突っ込むのは怖い。僕に限らずサラリーマンとして企業の中にいると感じると思うけど、結局、企業って外からじゃよく分からないじゃないですか。外から見るとすごくいい会社に見えても、実際はボロボロということもある。もちろん逆もありえる。こういう外から見る顔と実際の顔が全然違うというリスクを考えると、1社だけにつぎ込むのはさすがに危ない。だから必ず数社には分散しています。

「えす」と「未来かたる」の投資ポリシーの違い

IRNETの未来かたるさんは、以前からの知人なんですよ。かたるさんは、ここと決めたら突っ込むタイプだし、ハイリスクハイリターンを地でいってますね。

かたるさんの狙う銘柄って、かなりリスキーだけど、当たるとデカイやつが多いですよね。例えばオリコの場合、政策次第でヘタすれば潰れた(倒産した)可能性だってあったわけでしょ。もちろん復活すればいい会社になって株価が上がるだろうという論理は分かりますが、ゼロになるリスクがある会社に突っ込むのは、普通の人は正直怖い部分がある。

ベンチャーリンクにしても、かたるさんの狙いはすごく良くわかる。この会社は若手経営者をたくさん輩出していて、社風とか見ていると、確かに、倒れるリスクを承知した上で突っ込む銘柄としては面白いし、その価値があるとは思う。ただ、倒れる可能性も十分あるから、普通の人にはなかなか手が出せないでしょう。

復活することが確信できる前に手を出すのはまさにハイリスクハイリターンです。普通の人があそこまでリスクを取る必要はないと思うし、もう少し手堅くリターンが取れる銘柄はある。そっちを探した方が良いでしょう。でも、そのリスクを承知で巨額のお金を突っ込むかたるさんは、やっぱりすごい人だなと思います。

Yahoo!ブックマークに登録 この記事をdel.icio.usに追加

1 2 3 4

キーワードから記事を探す

キャリアを、スキルを、年収をアップさせたい!「キャリアアップ」「スキルアップ」「ライフアップ」をキーワードに、3年後のキャリアから10年後の生活設計までサポート! どこから読んでも夢の入り口、憧れのキャリアをつかめ!