06/06/27更新

株式投資はギャンブルにたとえられることもある。しかし、一か八かのギャンブルセンスだけで勝ち続けることはできるのか、資金800万円から最高9億円もの資産をタタキ出すことはできるのか……。投資には「勝負師のセンスが必要」と語る、えす氏の“常勝投資術(=投資コンピテンシー)”を学ぼう!

えす

東京都出身、30代前半の普通のサラリーマン。転職経験1回。1996年、元本90万円から株式投資を始める。2003年3月、投資額800万円が160万円台まで落ち込み、本腰を入れる。2004年5月末に残高1億円を突破。2005年9月に2億円、11月に5億円を突破。もっぱら売買はケータイで行い、業務中の売買はほとんどない。著書に『サラリーマンが株で1億円を稼ぐ!!』(マガジンハウス)がある。ホームページ:http://esu.jp/

信念がない人は、「投げ売りした株が暴騰」の繰り返し

株で億単位まで儲けられる人っていうのは、だいたい頑固なんじゃないかな。頑固といっても、頑固オヤジみたいに頭が固いってことじゃなくて、自分の信念に対して頑固だということ。当たり前だけど、株価って上がったり下がったりするじゃないですか。その中でも自分の信念を貫いて、「あくまでもこの株がいいんだ」と信じ続けられる頑固さ。これがないと、「億」まではなかなか難しいでしょうね。

僕の投資における頑固さは、「この会社はこうでこうだから絶対に伸びるんだ」という確信みたいなものに基づいています。このところずいぶん株価が下がったけど、株価が下がってビビるのは、その会社のことをよく調べていないから。株価が下がれば、誰でも不安になります。僕だって不安になりますよ。

ただ、自分なりに徹底的に調べて、「絶対に自信がある」っていう銘柄だったら、多少下がっても、温かい目で見守れる。逆に、自分なりの結論を持っていないと、下がった時には恐くて仕方がなくなって、投げ売りしちゃうことが多い。で、自分が売った後にその株が暴騰して悔しがる。このパターンを繰り返すんです。

Yahoo!ブックマークに登録 この記事をdel.icio.usに追加

1 2 3 4 5 6

キーワードから記事を探す

キャリアを、スキルを、年収をアップさせたい!「キャリアアップ」「スキルアップ」「ライフアップ」をキーワードに、3年後のキャリアから10年後の生活設計までサポート! どこから読んでも夢の入り口、憧れのキャリアをつかめ!