06/08/22更新

「日本株はまだ上昇する!」と強気の相場観を持つ未来かたる。上半期に世の中を騒がせたホリエモン、村上ファンド、日銀福井総裁を擁護するような発言の裏には、“官僚社会主義”が謳歌する日本の環境そのものへの批判も含まれている

未来かたる
日本証券アナリスト
協会検定会員

某証券会社に歩合外務員として勤務し、トップセールスを更新し続ける。「かたる銘柄」として多くの大化け銘柄を生んだ「IR NET~未来かたるの株式投資情報」は、月間30万超のアクセスを誇るサイトとして、投資家の注目を集めている。2007年1月より、「ビスタニュース」 にて、IR NETの有料版・未来かたる「株式相場を考える」も好評連載中

日本株を上げるためには
「官のリストラ」が先決

2006年初めに『ITmedia jobs』の取材で、「今年の相場は簡単じゃないよ」と予想したけど、その通りの展開になっているね。僕の相場観は相変わらず強気だけど、日本株が本格的に上昇するには、やっぱり外国人買いが復活しないと。

でも、外人買いが復活するには、「官のリストラ」が条件になると思う。最近、消費税の増税議論が活発だけど、その前に、官の削減を法律などではっきり謳わなきゃ。自分達の努力も示さないで消費税を上げるなんて、官の無駄を増やすだけだよ。

官舎だの保養所なんて、「ふざけるな!」だよね。「てめえら、人の税金で何やっているんだ」ってんだ。民間なら月々の家賃が30万から50万円もかかるのに、何で官舎だと7万円とかで済むの? その差額は所得じゃないの? 所得だったら、税金をかけるべきじゃないの?

僕らから取り立てた税金を
ドブに捨てるだけ

僕がリスクを負って、やっとのことで人並みのお金を稼げるようになったっていうのに、何でこんなに税金で苦しまなければいけないの? 天下りをして、何度も退職金をもらう奴が税金を納めないで、一生懸命やっている奴から何千万も税金をとるのはおかしいでしょ。

株が上がるには、社会が効率的じゃなきゃいけないんだよ。いくらトヨタ自動車が「かんばん方式」で生産性を上げても、企業からたくさんの税金をとっている国が、その大事な税金をドブに捨てているのが、今の日本の姿でしょ。

ド田舎に新幹線を通すような公共事業投資や、縦割り行政の無駄は指摘され続けているのに、いまだになくならないのも、ホント馬鹿な話だと思う。早急に改善しなきゃ、国の財政が危ないってことはわかっているのに、変われない日本ってどうなっているんだろうね。

Yahoo!ブックマークに登録 この記事をdel.icio.usに追加

1 2 3 4 5

キーワードから記事を探す

キャリアを、スキルを、年収をアップさせたい!「キャリアアップ」「スキルアップ」「ライフアップ」をキーワードに、3年後のキャリアから10年後の生活設計までサポート! どこから読んでも夢の入り口、憧れのキャリアをつかめ!