06/11/21更新

いまだに低迷が続く新興株……。だが、「儲けるなら新興株」「新興株が日本の未来を変える」と未来かたるは断言する。約2000億円という巨額のGoogleによるYouTube買収劇を例に、マスメディアに洗脳されがちな日本人の未熟な相場観を覚醒させる!

未来かたる
日本証券アナリスト
協会検定会員

某証券会社に歩合外務員として勤務し、トップセールスを更新し続ける。「かたる銘柄」として多くの大化け銘柄を生んだ「IR NET~未来かたるの株式投資情報」は、月間30万超のアクセスを誇るサイトとして、投資家の注目を集めている。2007年1月より、「ビスタニュース」 にて、IR NETの有料版・未来かたる「株式相場を考える」も好評連載中

日本の将来を変える
新興株の調整は既に終了?

戦後最長の好景気が続いているといっても、日本人はバブル崩壊後の“失われた10年”による挫折感があるみたいで、株価の下値に対する免疫力が弱いんだね。今の新興株の下落に対する市場の反応はそれを象徴しているよ。

確かに、これまで新興株は業績を無視して買い上げられてきたので、ある程度下がるのは仕方ないと思うけど、いくらなんでも今の株価は売られ過ぎだよ。だから、そろそろ株価水準は横這いか上昇波動に入るだろうね。

今回の下落はITバブルの崩壊とは違う。ITバブルの天井はこんなもんじゃなかったからね。何しろソフトバンクが19万8000円、光通信が24万1000円だよ。株価40倍という歴史的な上昇だっただけに、さすがに調整に31カ月間もかかってしまった。今回はおよそ10倍の上昇で、ITバブルの4分の1に過ぎないから、7カ月程度の調整で済むはず。

実際、チャートを見ると、新興株は最後の二番底を取りに行っている所だからね。既に調整が終わったと言ってもいいんじゃないの?

Yahoo!ブックマークに登録 この記事をdel.icio.usに追加

1 2 3 4 5

キーワードから記事を探す

キャリアを、スキルを、年収をアップさせたい!「キャリアアップ」「スキルアップ」「ライフアップ」をキーワードに、3年後のキャリアから10年後の生活設計までサポート! どこから読んでも夢の入り口、憧れのキャリアをつかめ!