05/08/11更新

「借金地獄から年収1億円の高額納税者へ」……株の“カリスマバイヤー”として名を馳せる未来かたる氏だが、1億円プレイヤーに達するまでの道のりは、修羅場の連続だった。その足跡を見ながら、1億円プレイヤーになるための条件を探ってみよう

株式投資を少しでも本格的にやったことのある人なら、利益を出し続けることの難しさを知っているはず。そして、容赦ない市場の奥深さと怖さも……。歩合で働く証券外交員は、その市場にたった1人で戦いを挑み、そこでのパフォーマンス、つまりどれだけ稼いだかのみによって給与が決まるという究極のプロフェッショナルだ。

歩合外交員として昨年、年収約1億円をタタキ出した未来かたるさん。株式市場の足踏み状態が続く今年でさえ、少なくとも7000万円以上の年収を見込む。自らが運営するWebサイト、「IR NET」の中では、次々に株価上昇銘柄を言い当て、月間30万ページビューを超える人気サイトに押し上げた。また、最近出版した本「2007年までは株で稼げます!」(中経出版)は、大手書店で売上げ上位にもランクされた。

一見、華やかに見えるキャリアを歩むかたるさんだが、一足飛びに現在の状況にたどり着いたわけではない。バブル崩壊後、10年以上も低迷を続けた日経平均株価に連動するかのように、かたるさんの年収、そして人生そのものも“乱高下”してきた。

下記のグラフが、かたるさんの年収の推移を示したものだ。証券会社のサラリーマン時代を含め、ずっとトップ営業マンだったが、2度も「死ぬしかない」という状況まで追い詰められた。こうした経験を経て、独自の人生観を築きあげていった。

そこで連載初回となる今回は、エンジニアからビジネスマンまで、仕事をしている人なら誰もが経験する「挫折」について熱く語った。

未来かたるの「波乱に満ちた年収推移」

挫折を経験したから
何度でも立ち上がれる

未来かたる
日本証券アナリスト
協会検定会員

某証券会社に歩合外務員として勤務し、トップセールスを更新し続ける。「かたる銘柄」として多くの大化け銘柄を生んだ「IR NET~未来かたるの株式投資情報」は、月間30万超のアクセスを誇るサイトとして、投資家の注目を集めている。2007年1月より、「ビスタニュース」 にて、IR NETの有料版・未来かたる「株式相場を考える」も好評連載中

前よりはお金も稼げるようになったけど、今でもしょっちゅうエネルギーは切れそうになっているよ。それでも何とかガンバリ続けていられるのは、やっぱり挫折の経験があるからだと思う。あの時の経験がバネになって、今がある。当時は、消費者金融でお金を借りて子供の授業料を払い、嫁さんに生活費を渡す。毎月この繰り返しだったからね。つらい生活だったけど、今となればいい思い出だよ。

考えてみれば、僕なんか15年間挫折のしっぱなしだったね。株の仕事を始めて最初の10年間で本当に金がなくなってしまった。ようやく2000年からのITバブルで株式市場が立ち上がってきて、「これでもう大丈夫」と思ったね。それで、車を見に行ったんですよ。当事、アスキーの株を持っていて、「アスキーが○万円くらいになったら、そのもうけで高級車でも買おう」なんて思っていたら、アスキーという会社自体がなくなっちゃった。

車を買うどころか、また借金生活に逆戻り。ITバブルの最中は、株価があんなに下がるなんて予想もしなかった。当時の株価の推移を見てもらえば分かると思いますけど、本当にみるみる下がっていくんですから。

だから、ものすごく苦労して営業し、せっかくお客さんを作っても、全然次につながらない。一回買ってもらったら、それっきりで途切れちゃうんです。せっかく親しくなったのに。寂しかったね。何百人もお客さんを作ったけど、結局、今も付き合いがあるのは、一代で財産をなした木材屋の親父だけです。

好きなことを仕事にすれば
失敗にも打ち勝てる

もう株はダメだなと思って、株の世界から手を引こうと思ったことは何度かあるけど、一度ダメになっても、逆境をバネに何度も立ち上がってきたから、大概のことは我慢できる自信がある。当時のつらい体験を思い返せばね。人間ってそんなものじゃないかな。あとはやっぱりこの世界が好きだったからね、何だかんだ言っても。

こういう気持ちって、株屋だけのものじゃない。例えば、エンジニアだって、営業マンだってそれは同じこと。「好きなことを仕事にする」ことが大事なんだよね。今の仕事が好きになれないんだったら、それは長続きしないよ。挫折に出会ったらスグ辞めたくなっちゃうんじゃないかな。20代、30代のうちに「好きなことを仕事にできる」ようになっておけば、40代以降も楽しく働くことができると思うよ。

僕が何で倒産しそうな企業の株ばかりを買うかと言うと、倒産したり、倒産しそうになったりした会社の社員って、僕と同じ思いを持っていると思うから。ここ数年で、大企業がいくつも倒産しそうになったけど、こういう会社の社員は、「あれだけつらい思いをしたんだから何でもできる」という気持ちで仕事をしていると思う。

そういう社員の思いが業績回復につながり、やがて株価にも現れてくるんです。実際、僕が“本気”で買ってきた株の中には、株価が何倍にもなったものがいくつかありますよ。

Yahoo!ブックマークに登録 この記事をdel.icio.usに追加

1 2

キーワードから記事を探す

キャリアを、スキルを、年収をアップさせたい!「キャリアアップ」「スキルアップ」「ライフアップ」をキーワードに、3年後のキャリアから10年後の生活設計までサポート! どこから読んでも夢の入り口、憧れのキャリアをつかめ!