05/09/27更新

「転職するなら小さな会社を選べ!」「オンナ好きほどカネを稼げる」。今や億万長者の“カリスマバイヤー”未来かたるが、転職先選びの基準、そして仕事のプレッシャーをはねのけ、モチベーションをアップさせるヒントも公開する!

33歳という年齢で会社を辞め、歩合外務員になるために新潟から上京した未来かたるさん。「サラリーマン」という生き方は、彼の上昇志向を満たすことはできなかったが、今の地位を作り上げることができたのも、10年間のサラリーマン生活があってのことである

今回は、今や年収1億円を稼ぐかたるさんのサラリーマン時代、そして、歩合外務員とサラリーマンの違いを比較しながら、「転職」「モチベーションアップ法」などについて語ってもらった。

バカな上司に付き合うのは
時間の無駄

未来かたる
日本証券アナリスト
協会検定会員

某証券会社に歩合外務員として勤務し、トップセールスを更新し続ける。「かたる銘柄」として多くの大化け銘柄を生んだ「IR NET~未来かたるの株式投資情報」は、月間30万超のアクセスを誇るサイトとして、投資家の注目を集めている。2007年1月より、「ビスタニュース」 にて、IR NETの有料版・未来かたる「株式相場を考える」も好評連載中

サラリーマン時代は常に主流を歩いてきた。ずっとトップセールスマンだったので、出世も早かった。でも、どこか満たされなかったよね。給料もらってサラリーマンをしている以上、バカな上司にも従わなくちゃならない。バカな上司って、どこの組織にも必ずいるもんじゃない?

僕が毎日名刺を100枚配って一生懸命に営業しているのに、上司は適当にダラダラしているわけだよ。「何であいつらばかりおいしい思いしているんだ。俺たちは這いつくばって仕事やらなきゃいけないんだ……」と、いつも感じていたね。

そんな日々が続いたから、さすがに疲れてしまった。いっとき仕事に集中せす、若手社員と遊び回っていた時期があった。そうしたら、すぐ異動になって“主流”から外されちゃったよ(笑)。だけど、僕にとっては良かったよね。バカな上司と付き合っているのは、やっぱり時間の無駄だからね。

ちょうど証券マンになって10年がたって、歩合外交員になる資格も取れたところだったよ。いい節目だったね。親父の死とも重なったしね。それですぐに東京に出てきたわけです。

転職するなら
小さな会社を選べ!

でもね、何だかんだ言っても、前の会社では、10年間いろいろな仕事をやらせてもらったよ。新人のころ、第一営業部で株式部長から株式のイロハを教えてもらって、それから3年間は、柏崎支店を引っ張る営業マンだった。いつも支店長に呼ばれて、「このケースはどう対応すればいいんだ? おい、何とかしてよ」という感じだった。頼りにされていたよね。

次の新潟支店は、全国で一番営業成績の悪い支店だった。そのダメ支店で、若い社員とフロアレディと呼ばれる女性社員を指導してきた。そして、最後の2~3年は法人担当。企業回りをやらせてもらって、随分と勉強になったね。

若いうちから仕事を任せてもらえていろいろと経験できたのも、小さい会社だったからだね。多分、野村證券みたいな大手証券会社で働いていたら、「自分が裁量権をもって仕事を回していく」ことなんて、できなかっただろうね。そういう意味では、「小さい会社に転職して良かった」とつくづく思うよ。

だから、転職を考えている人には、「若いうちにいろいろな経験をしたいのだったら小さな会社を選べ」とアドバイスしたいね。大きな組織で働いていると、会社の看板に頼っているにもかかわらず、「自分は仕事ができる」と錯覚してしまうのだよ。

そういう奴はいっぱいいるよね。「自分は優秀」と思っていても、実際に会社の看板がなくなると何もできなくなる。20代~30代の若いうちは、「会社の看板なんか背負わず、自分自身の力で成果を出せる奴になってみろ!」と言いたいね。

勉強しなければ
金持ちになれない

サラリーマン時代は“裕福”でしたよ。部下を連れてクラブを飲み歩く毎日。飲み代は、基本的に株でもうけたお金です。その後は、株で大損して何度か「家を飛ばした」ことがあるけどね(笑)。

サラリーマンが自分の給料から株式投資をして、一生分の金を稼ぐのは不可能じゃない。でも、それができるかどうかは、やっぱりその人の資質だよ。せっかくチャンスにめぐり合ってもそれを感じることができる人とできない人がいるようにね。同じ記事を読んでいても、そこから何かを感じる奴と感じない奴がいる。時代の流れを読める奴と、読めない奴がいるわけだよ。

こういう深い読みができるようになるには、さまざまなことに対して常にアンテナを張っておかなければならないし、勉強もしていかなきゃならない。そういうことをきちんとやれる奴なら、少ない給料の中から株式投資していても、金持ちになれる可能性はあるんだよ。学び続ける姿勢というのは、とても大事だよね。

よく、「どうやれば株でもうけられるか」と聞かれるけど、それは教えてもらうものじゃなくて自分でつかむもの。手取り足取り教えてもらおうなんていうのは、赤ちゃんの世界ですよ。大人なら、自分で見つけて、自分で追い求めて、自分なりに考えるのが当たり前の話でしょ? そういう発想がない人は、お金持ちになることなんてできるわけないよ。

それは株の話だけじゃない。仕事についてもまったく同じこと。人からすべてを教えてもらおうなんて考えは、新人時代ならまだしも、ある程度の年齢になったら甘すぎるんだよね。せいぜい20代のうちなら許されるかもしれないけどね。

Yahoo!ブックマークに登録 この記事をdel.icio.usに追加

1 2

キーワードから記事を探す

キャリアを、スキルを、年収をアップさせたい!「キャリアアップ」「スキルアップ」「ライフアップ」をキーワードに、3年後のキャリアから10年後の生活設計までサポート! どこから読んでも夢の入り口、憧れのキャリアをつかめ!