05/09/27更新

常に目標意識を持つことが
モチベーションアップにつながる

僕がなぜ、株の世界にいるのかというと、「株価の動きが心に響くから」。自分が上がると思った銘柄が実際に上がってきた時の喜び……これは最高だよね。例えば銀行株。金融システムがおかしいままでは、景気がよくなるはずがない。これは誰が考えたってそうだよね。だから、最初に株価が立ち上がるのは銀行だと、ずっと前から思っていたし、実際、ある時期は銀行株ばかりを買い続けたよ。

ここ数年は、カネボウをはじめ、粉飾決算をする会社の実態が次々と暴露されてきたけど、発表されている情報が真実なら、それら問題企業の株が今後持ち直すかどうかはハッキリと推測できるよ。ただ分からないのは、そのタイミングだけ。

いずれにせよ、サラリーマンじゃなくなるということは、結果に対して全部自分で責任を持つということだよね。歩合の外務員だからノルマもないし、上司から怒られることもない。でも、実際に歩合外交員の立場をやり続けるのは大変だよ。歩合外交員はサラリーマンと違って、給料が決まっているわけじゃない。収入がなければ、社会保険料とかの分を、逆に会社に払わなきゃならない。僕も、会社に“給料を払った”ことがありますよ。

今は、月収でだいたい800万から1000万円は稼げるようになった。500万円とか400万円という月もあるけどね。今は月最低750万円の手数料を目指しています。何で750万円かというと、手数料がこの金額以上になると、バックマージンが5割もらえるわけです。このところずっと5割のバックマージンは継続していますよ。

歩合外務員として成功できるかどうかは、結局はやる気にかかっている。モチベーションをどう高めるかだけしかない。そのためには、身近な目標をやり遂げて、小さな成功体験を積み重ねること。何時に起きるとか、何時に会社を出るとかね、そんな小さなことでもいい。大事なのは、常に目標意識を持つということ。常にね。

“オンナ好き”な奴ほど
仕事で成功して金も稼いでいる

何も仕事に限ったことじゃないよ。早い話、「これから銀座のクラブにオンナを口説きに出かけ、何人モノにできるか」。そんなことでも何でもいい。目標には“ワクワク感”がなきゃいけない。要は「俺は今チャレンジしているんだ!」と自分自身で感じられることが重要なわけよ。

僕は「オンナを口説きたい」という気持ちと、「仕事で成功して名を挙げたい」という気持ちとは、基本的には同じだと思っている。強い欲望と自己主張……ベースにあるのはこれですよ。20万円くらいの給料でヘイコラして会社にコキ使われる。デートも居酒屋にしか女の子を連れて行けない。これは切ないよね。もっと給料を稼げるようになって、いいオンナを一流のレストランに連れていってやろうと頑張れない奴は、きっとダメなんだと思うね。

オンナを口説きたいという欲望は大事だけど、その思いが先行しているだけじゃ、そこらの「アホ男」と変わらない。底の浅い男には、それなりのオンナしか引っかからないからね。要は仕事で成果を出すために、日々どれだけ勉強し、仕事で汗を流しているのかだよね。そのモチベーションの源が「いいオンナをモノにしたい」でも構わない。仕事がデキる奴は、あらゆる方法でモチベーションをアップさせ続けているよ。
だから、仕事でイマイチ成果が上がらない人は、まず自分なりに、モチベーションを維持する方法を見つけていくのがいいんじゃないかな。

Yahoo!ブックマークに登録 この記事をdel.icio.usに追加

≪前のページへ 1 2

[連載一覧]

キーワードから記事を探す

キャリアを、スキルを、年収をアップさせたい!「キャリアアップ」「スキルアップ」「ライフアップ」をキーワードに、3年後のキャリアから10年後の生活設計までサポート! どこから読んでも夢の入り口、憧れのキャリアをつかめ!