06/04/06更新

現在の景気は「バブルの再来ではない!」というが、ボーナスアップや基本給アップというだけでは、想定内のリターンしか得られない。では、億万長者への仲間入りを狙うには、どのようなマインドセットが必要なのだろうか。

未来かたる
日本証券アナリスト
協会検定会員

某証券会社に歩合外務員として勤務し、トップセールスを更新し続ける。「かたる銘柄」として多くの大化け銘柄を生んだ「IR NET~未来かたるの株式投資情報」は、月間30万超のアクセスを誇るサイトとして、投資家の注目を集めている。2007年1月より、「ビスタニュース」 にて、IR NETの有料版・未来かたる「株式相場を考える」も好評連載中

今の景気は「バブルの再来」?
トヨタの例をみてみなよ

最近の株高を見て、「バブルの再来だ」なんて言う奴がいるけど、そういう輩は、バブル期と今では質が全然違うってことをわかってないよ。バブルっていうのは、実態がないものでしょ。今回は、史上最高の利益を出しているトヨタ自動車が浮かれていないんですよ。

今までファーストクラスを使っていた役員がビジネスクラスに下げられたんだってさ。空前の利益を出しているトヨタがですよ。経団連を仕切る奥田さんを出しているトヨタでさえ、足に地がついたマネジメントを遂行しているってことは、他の日本の企業もかつてのバブル期と同じ轍(てつ)を踏まないように心がけているってことだよね。

つまり、日本企業全体が浮かれていないということ。中にはライブドアのように無茶苦茶な経営を行っていた会社もあるけど、大方の企業は落ち着いた経営手法を取ろうとしている。その背景としては、ここ数年銀行の締め付けで徹底的に痛めつけられてきたから、こういう考え方が生まれた。UFJを潰した効果はあったんだよ。この意味をよく考えたほうがいいね。

次世代にはバブルが
再来する可能性もある

まあ、歴史は繰り返すって言うから、バブルが絶対起きないとは言わないよ。実際、アメリカではちょっと前まで不動産バブルが起こっていたわけだしね。でも、バブル崩壊の痛みがみんなの記憶にあるうちは起こらないんじゃないかと思う。少なくとも僕らの世代が経済の中心にいるうちはないだろうね。

あり得るとしたら、僕らの子供の世代がいい歳になる頃かな。昨年から株が上がっているのも、ネット族という若い世代が市場に参加するようになったことが大きい。歴史的な出来事は、世代交代と一緒にやってくるかもしれないね。

Yahoo!ブックマークに登録 この記事をdel.icio.usに追加

1 2 3 4

キーワードから記事を探す

キャリアを、スキルを、年収をアップさせたい!「キャリアアップ」「スキルアップ」「ライフアップ」をキーワードに、3年後のキャリアから10年後の生活設計までサポート! どこから読んでも夢の入り口、憧れのキャリアをつかめ!