07/10/02更新

9月2x日 売れっ子SEになるための「仕事の断り方」

今日は新しい仕事の依頼が2件来たんだけど、思いっきり納期が重なっていたので、1つは丁重に断っちゃいました。仕事を選べるなんて、フリーとしては本当にありがたい状況。

なんだけど、カラダは1つしかないわけだから、「断る」のも仕事を受けることと同じくらい重要。断り方を間違えれば、次から仕事が来なくなっちゃうからね。

大切なお客様に対する断り方としては、必ず「同時期に別件が先約で入っている」ことを伝えた上で、「限られた時間の中で自分のベストの仕事ができず、ご迷惑をかけたくないのです」という感じかな。客の心理として、「先約がある」と聞くと、「引っ張りダコ=実力がある」という図式で、ますます仕事を頼みたくなる。また、ベストの仕事ができないから断るという姿勢も、客に「仕事に真摯に取り組む人間だ」というイメージを与える。結果、次の受注につながるというワケ(笑)。

ま、依頼してきた客によっては、無条件に断る場合もあるけどね。そろそろ仕事にとりかかるので、その話はまた今度ね。

Yahoo!ブックマークに登録 この記事をdel.icio.usに追加

≪前のページへ 1 2 3 4 5

キーワードから記事を探す

キャリアを、スキルを、年収をアップさせたい!「キャリアアップ」「スキルアップ」「ライフアップ」をキーワードに、3年後のキャリアから10年後の生活設計までサポート! どこから読んでも夢の入り口、憧れのキャリアをつかめ!