• ダットエムオーから探るシゴト術 おちまさと「シゴトの強化書」(1) メディアを越えて活躍するプロデューサー・おちまさと氏が贈る新連載。第1回は、おち氏が手がけた「ダットエムオー」を中心に、ビジネスを行う上で必須となる“おち流のコミュニケーション術”を大公開(05/10/20)
  • 自分電視台から探るシゴト術 おちまさと「シゴトの強化書」(2) 「ガチンコ」「空飛ぶグータン」など次々と業界の話題をさらうおちまさと氏のプロデュース作品。その類まれなる企画力の源は何か……。単純なようでいて非常に深い、おち流“売れる企画”の真髄を学べ!(05/11/17)
  • 仕立屋工場から探るシゴト術 おちまさと「シゴトの強化書」(3) 「記憶の複合がユニークな企画を生む」と語るおちまさと氏。3、4年前の記憶が、突然つながることもあるという。人間に忘却が不可避である中、過去の記憶を数多く保ち続ける“おち流”の情報管理術を学ぶ(05/12/15)
  • ヒットの法則なんて絶対にありえないよ おちまさと「シゴトの強化書」(4) 世に送り出される企画のうち、「大ヒット!」と呼べるものはごくわずか。そこには何らかの法則があるのか。稀代のヒットメーカー、おちまさと氏に「ヒット企画を生み続けるコツ」を聞いてみた(06/01/19)
  • 「あの頃は良かった」じゃなくて大事なのは「今」だろ? おちまさと「シゴトの強化書」(5) 稀代のヒットメーカーといわれていても、失敗のリスクは常に抱えているものだ。21時というプライムタイムの番組で視聴率1%台という数字を出した15年前の失敗を例に、失敗対処法、失敗防止法を学ぶ(06/02/16)
  • 失敗は“恐れない”で“恐れる”んだよ おちまさと「シゴトの強化書」(6) 物事には“光と影”のように両極端の見方が存在する。だが、一方だけがフォーカスされることが多い。「何事も一方向では語れない」と説くおち氏が、良いシゴトにつなげる自らの“視点の持ち方”を大公開!(06/03/10)
  • おちまさと流‘“一石多鳥”’の時間管理術 おちまさと「シゴトの強化書」(7) 自らを“時間貧乏性”と語り、「時間は誰にでも平等は嘘」と断言。「時間はコントロールするもの」と豪語し、徹底的に時間にこだわるおち氏の“一石多鳥”のタイムマネジメント術を学び、成功をつかめ!(06/04/13)
  • 低予算でもヒットを生む「企画魂」 おちまさと「シゴトの強化書」(8) 『24人の加藤あい』をはじめ、低予算の深夜帯でも数々の高視聴率番組を生み出してきた。低予算ほど「企画力」が必要と語り、企画からプロデュースまで縦横無尽に活躍する、おち氏の企画魂とクリエイター魂に迫る(06/05/18)
  • シゴトへの“こだわり”なくして“ゴール”なし! おちまさと「シゴトの強化書」(9) トップ・プロデューサーとして君臨するには、限られた予算内で高視聴率を獲得するスキルが必要だ。クライアントの矛盾した要求もことごとく実現し快進撃を続ける、おち流「こだわりと成功の相関関係」を見逃すな!(06/06/08)
  • 1日24時間を「48時間」に変えるテクニックとは おちまさと「シゴトの強化書」(10) 1日24時間は誰にとっても平等なわけではない。マインド次第で2倍の時間に変えることができる。1日を48時間の密度で過ごす、おち氏が「歳をとればとるほど若くなる」自己流タイムマネジメント術を提示する(06/07/11)
  • “成功する起業家”の嗅覚と苦労とは…… おちまさと「シゴトの強化書」(11) クリエイターとして、ビジネスをプロデュースするなど、おちまさとは起業家や経営者の知り合いが多い。「成功している起業家には多くの共通項がある」と語る彼が、ビジネスで成功するために必要な“勘”と“嗅覚”の磨き方を語った(06/08/29)
  • 「根拠のない自信」が大事なんだよ! おちまさと「シゴトの強化書」(12) 自らの雑誌連載を通じ、多くの起業家や経営者と対談を行ってきたおちまさと氏。他にもさまざまな経営者と交流のあるおち氏が、成功する起業家像に迫る。ビジネスに身をおく者すべてに役立つ、おち流“デキる”起業家論に学べ!(06/09/26)
  • 得意分野で遠慮してたらプロとして失格でしょ! おちまさと「シゴトの強化書」(13) 「起業家はビジネスクリエイターだ」。起業家とクリエイター。一見異なる領域と思えるが、トップレベルのシゴト術には共通項があった! ポジティブとネガティブ、強気と謙虚……頂点で活躍する人たちをもとに、キャリアアップの方法論を探った(06/10/27)
  • リスペクトがないプロジェクトなんて、上手くいかないよ おちまさと「シゴトの強化書」(14) TV番組に限らず、数々のヒット作をプロデュースするおちまさと氏。企画作りには多くのスタッフとプロ・アマ問わないキャストが絡むが、現場での指示はほとんどしないと彼は言う。ヒット作を連発するための人選とマネジメントの秘策とは?(06/11/30)
  • “オールマイティ”な分野で動ける人が重宝されるよ おちまさと「シゴトの強化書」(15) “猛獣使い”と言われるほど、数々のテレビ嫌いの有名人をテレビ出演させてきたおちまさと氏。しかし、ヒットの要因はそれだけではない。世界に飛び火するような真のヒット作を生み、シゴトをより良いものにする方法とは……(07/01/09)
  • いいシゴトをしたいなら「本気」モードで挑みなよ! おちまさと「シゴトの強化書」(16) クリエイティブな世界では当たり前の「盗んで覚えろ」は、ビジネスにおける“コンピテンシー”に通ずる。テリー伊藤という天才に師事し、そのコンピテンシーをどのようにモノにしていったのか。もう1人の天才・おちまさとが誕生した背景に迫る!(07/02/07)
  • 「何気の臨戦態勢」で企画も会議もうまくいく! おちまさと「シゴトの強化書」(17) プロデューサー生活20年の間に行った会議は3万回以上! 会議は、おちまさと氏のシゴト術がもっとも凝縮されている場といえるだろう。「良い会議」と「悪い会議」は明確にカテゴライズされるという、おち流「会議の強化書」が今明らかになる!(07/03/06)
  • 会議なんて短いほうがイイに決まってるだろ? おちまさと「シゴトの強化書」(18) プロデューサー生活20年で参加した会議は3万回以上。「会議クラッシャーの陰謀を見抜け」「アイデア出しはキラーパスのように出せ」など、効果的な会議の運営方法から「自分のアイデアを押し通す方法」まで、“おち流”会議術を公開しよう(07/04/10)
  • 会議での発言がキャリアアップに“直結”するんだよ おちまさと「シゴトの強化書」(19) 「会議での発言はキャリアアップにつながる」。とはいえ、企業風土によっては若手の発言を封じ込めることもある。プロデューサー生活20年で3万回以上の会議を経験したおち氏が、「会議に臨む心得」「自己アピールの法則」を伝授する!(07/05/22)
  • キャリアアップにファッションは“無関係”って思ってない? おちまさと「シゴトの強化書」(20) 「シゴトの良し悪しとファッションは関係ない」という声に対して、「デキる人かどうかの評価はファッションも判断材料になる」と言い切る。自称“ファッション・オタク”のおち氏が、ファッションが出世に与える効果と、そのセンスアップ術を語った!(07/06/15)
  • お金は効果的に使わないと自己成長できないよ! おちまさと「シゴトの強化書」(21) 各界の成功者やセレブと交流があるおちまさと氏。ただ彼自身は若い頃から有名であったり、お金を持っていたりしたわけではない。「稼いだお金を貯めるばかりでは成長できない」と語る、おち流・キャリアを勝ち取る自己投資術に学べ!(07/07/06)

キーワードから記事を探す

キャリアを、スキルを、年収をアップさせたい!「キャリアアップ」「スキルアップ」「ライフアップ」をキーワードに、3年後のキャリアから10年後の生活設計までサポート! どこから読んでも夢の入り口、憧れのキャリアをつかめ!